斎七(さいしち)の描いた受験がテーマのウェブ漫画をおいてます~。共有テンプレート・共有プラグインも製作しています。共有テンプレート・共有プラグインのページにて作者名「rainbow」と検索してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事の結論は、記事テーブル直後に広告タグを貼ると良いのでは、ということです。
ご意見などコメントがありましたらよろしくお願いします。



先日Google Adsenseが承認されたので、さっそく導入しました。
また、FC2ブログではどのように広告を使われているのか調べてみました。

皆さんが苦労しているのが、記事直後にGoogleアドセンスのタグを貼る方法のようです。何が問題なのかというと
本文記事の投稿は、「自動改行+HTMLタグ」ではなく「HTMLタグのみ」でやらないと広告が表示されない
ということです。

自動改行は便利ですし、僕の投稿の8割くらいは自動改行のものです。これを広告のためにやめるのはもったいない気がします。そこでいろいろ考えてみました。

自動改行なしの投稿では、記事のテーブル内にアドセンスタグを貼ると、表示されません。では記事のテーブル外ではどうでしょうか。試してみると、大丈夫のようです。

記事テーブル直後位置の良い点としては

(1)自動改行が使える
(2)無理やり「追記」記事を書かなくていい
(3)すべてのページで広告が1つだけ表示(管理が楽)

逆に残念な点として、記事直後の広告位置と比べると、この記事テーブル直後の広告位置は記事本文から少し離れてしまいます。


良い点の(2)について少し補足したいと思います。
Googleアドセンスでは広告は1ページに3つまでと決められています。記事本文に広告を貼っていたらトップページで記事の数だけ広告が表示されてしまいます。そこで皆さんは追記の中に貼ることで、1ページ3つという制約をクリアしているようです。


では記事テーブル直後にアドセンスを貼る方法を書きたいと思います。

管理者ページ→テンプレートの設定ページを開きます。
HTMLの編集の枠内を全て選択してコピーし、メモ帳を起動して貼り付けます。念のためここで保存しておきます。

最初に、記事テーブルの終わりを示すタグでを探します。テンプレートによって異なりますが、僕の使っているテンプレートでは<!--/エントリー-->となっています。普通ならこの後にコメント表示ブロックが始まります。

記事テーブルの終わりを特定できたら、その直後にアドセンスのタグを貼り付けます。

更に、
<p><br></p><p><br></p>
という改行タグも貼ります。僕のブログではFireFox表示がおかしかったので、念のため用意しました。これは各自の環境に合わせて、改行を増やすなり削除するなりしてください。

次に、全てを選択してコピーし、先ほどのHTML編集の枠内のものと入れ替えます。
更新ボタンを押したら作業は終了です。おつかれさまでした。
これで各ページの記事テーブル直後に広告が表示されます。

応用として、記事テーブルの直前にも同様に貼ることができます。
関連記事


追記を閉じる▲
では記事テーブル直後にアドセンスを貼る方法を書きたいと思います。

管理者ページ→テンプレートの設定ページを開きます。
HTMLの編集の枠内を全て選択してコピーし、メモ帳を起動して貼り付けます。念のためここで保存しておきます。

最初に、記事テーブルの終わりを示すタグでを探します。テンプレートによって異なりますが、僕の使っているテンプレートでは<!--/エントリー-->となっています。普通ならこの後にコメント表示ブロックが始まります。

記事テーブルの終わりを特定できたら、その直後にアドセンスのタグを貼り付けます。

更に、
<p><br></p><p><br></p>
という改行タグも貼ります。僕のブログではFireFox表示がおかしかったので、念のため用意しました。これは各自の環境に合わせて、改行を増やすなり削除するなりしてください。

次に、全てを選択してコピーし、先ほどのHTML編集の枠内のものと入れ替えます。
更新ボタンを押したら作業は終了です。おつかれさまでした。
これで各ページの記事テーブル直後に広告が表示されます。

応用として、記事テーブルの直前にも同様に貼ることができます。
関連記事

【2006/02/03 17:59】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。